東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの火育 > 【報告】6/15(日)ガスの科学館で、災害時に備えたデモンストレーション「身近な道具を使って火をおこす」を実施しました。
  • 東京ガスの火育
  • ホーム
  • 東京ガスの火育とは
  • 火を学ぶ
  • 火を扱う
  • 火を楽しむ
  • 防災と火育
  • プログラム紹介

お知らせ

一覧へ戻る
2014/06/30
活動報告

【報告】6/15(日)ガスの科学館で、災害時に備えたデモンストレーション「身近な道具を使って火をおこす」を実施しました。

6月15日(日)、がすてなーに ガスの科学館で行われた、東京ガスの「火育」プログラム。
「マッチすり&マシュマロ焼き体験」が終了後、「災害時のための火育~身近な道具で火をおこす~」のデモンストレーションを実施しました。
火を上手に扱うためには、知識とワザが必要です。
災害がおきた時のことを想定し、鍋やザルなど、身近な生活用品を使ってかまどを作る方法や、燃やすのに適した材料、燃やす順番、空気の送り方、そして火種の正しい消し方などを学びました。
hiiku0615-2-1.jpg
hiiku0615-2-2.jpg
親御さんからは、「初めて知ったことも多く、いざという時に役立つと思った」「火の特性がわかったので災害時にあわてず火をおこすことができそう」など、災害時に役立つ火の知識が得られたというご感想を多くいただきました。
このページのトップへ

このページの先頭へ